2018年04月07日

室生寺の石楠花

 桜の季節も終わりに近づいて来ましたので、新しい絵を描いてみました。

 奈良の室生寺とその参道に咲く石楠花です。法隆寺のものに次ぐ、日本で二番目に古い五重塔なのだそうです。とても雰囲気のあるお寺ですが、たぶん行ったことはありません。たぶんというのは、中学、高校と修学旅行は京都奈良だったのですが、恥ずかしながら大仏や金閣銀閣、清水寺などの記憶しかないのです。

 添えた言葉は、島崎藤村の「晩春の別離」という詩の一節です。

 青によしを受けて、奈良の都に尋ね入りと続きます。

 石楠花の咲く、晩春の奈良ということで添えてみました。
murouji.jpg

 肩こり、腰痛、頑固な痛み、シビレなら、東洋整体術仲町台療術センターにお任せください。
posted by ココアカ at 15:56| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

尾の上の桜

 仲町台の木蓮も満開ですね。

 そろそろ次の絵を描かないと、ということで木蓮の次はやはり桜ということで描いてみました。

 高知にある、通称ひょうたん桜というみごとな桜を描いてみたんですが、みごとすぎて描き切れませんでした。背景もいまいち。次はもうちょっといい絵を描いてみたいものです。

 添えた言葉は百人一首にもなっている和歌から下の句です。

 高砂の尾の上の桜咲きにけり 外山の霞立たずもあらなむ

 ひょうたん桜にぴったりの句かなと思いました。
DCIM0082.JPG
 肩こり、腰痛、頑固な痛み、シビレなら、東洋整体術仲町台療術センターにお任せください。
posted by ココアカ at 17:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

木蓮

 オリンピックも終わってしまいましたね。
 まだまだ寒いですが花粉も飛び始めているようで、確かな足取りで春も近づいてきました。

 というわけで、今回は白馬村の木蓮の大木を描いてみました。
 木蓮は整体院のある仲町台のショッピングロードにも咲きますが、ここまでの大きな木にはなかなか出会えません。

 添えた詞は、大好きなスターダストレビューの「木蘭の涙」からの一節です。書くまで気が付きませんでしたが、この歌は木蓮ではなく木蘭なんですね。

 歌もすばらしいですが、桜に先駆けて、空に手を広げるように咲く白い花はとても魅力的です。 
DCIM0081.JPG

肩こり、腰痛、頑固な痛み、シビレなら、東洋整体術仲町台療術センターにお任せください。
posted by ココアカ at 17:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする